腰痛でお困りなら厚木市の整体院カイル【本厚木市】

〜日本人は腰痛持ちが多い!?〜

〜腰痛は国民病!?〜

 

腰痛で悩まれている方が多い理由は、そもそも腰は漢字でも書くように身体の要であり、歩く、立つ、座る、横になるなど、日常生活の様々な動作によって最も負担のかかる部位のため痛めやすいところです。

厚生労働省が公表する「国民生活基礎調査の概況」では、自覚症状がある病気や怪我として腰痛を挙げた人が非常に多く、男性は1位、女性は肩こりに次いで2位にランクインしています。

おそらくこのようになってしまった主な原因は、日本人の座っている長さにあると思います。働きすぎが問題視される日本では、コロナをきっかけに在宅勤務が増えデスクワークの方が増加してきていることもあり、座っている時間の長さはどんどん長くなっていってる傾向にあります。

先進国7ヵ国を含む世界20ヵ国の1日の平均総座位時間は5時間なのに対し、日本はなんと7時間。腰の負担を考えるとかなり苦しい時間ですね。

なお、腰痛は厚生労働省が公表する業務上疾病、いわゆる職業病として発生する件数が最も多く、全体の約6割を占めていることが報告されいます。

中には、「座っているから腰に負担はかけていないのでは」と言う方もいらっしゃると思いますが、実は座った状態が長く続くと、血液循環の悪化や筋肉の疲労、関節の一部分だけに重心がのっかり続けることによって腰痛を引き起こしやすくなるのです!

しかし、このような状況でも腰痛の約85%は原因不明とされているために、腰痛を患った本人も治療を諦めたり、周りの人も腰痛で悩んでいる人に対して理解が浅かったりと、腰痛を軽視する傾向があります、、、

こうした、はっきり原因がわからない漠然とした体の不調は、一般的に「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と言います。他にも頭が重い、頭痛がする、肩がこる、よく眠れないなどが代表的な不定愁訴として知られています。それらは医学的に原因の説明ができないため、治療が難しく、加えて症状が一貫して現れるわけではないので、本人の苦しみを周りに理解してもらいにくい、という特徴があります。

ですが、腰痛には必ず原因があります。決して不定愁訴ではありません。こうした多くの腰痛に対する間違った認識をなくして、自分の腰痛と向き合っていくことが大切です。

これから腰痛に関する代表的な間違いを3つ紹介しますので、ご自身を振り返ってみてください!

 

 

 

間違い① 痛む時は安静にする

腰が痛む時は横になったり、コルセットや湿布、痛み止めの薬を使用したりして安静に過ごす方は多いかと思います。しかし、長期間、不要に安静にしたことによって症状を長引かせたり悪化させる可能性が非常に高くなります。

むしろ腰痛を患った際に最も良い対処法は、「最低限の日常生活は行い、可能な範囲でストレッチなどを行うことで体を動かすこと」なのです。

 

 

 

間違い② 手術すれば治る

確かに手術が腰痛に有効なケースはあります。しかしそれは、原因が特定できる約15%の本当に手術が必要な椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などにのみ有効なのであって、原因が特定できなかった約85%の方には当てはまりません。ですが、手術をすれば完治するという情報を鵜呑みにして、手術をしてしまった場合、結局腰痛やしびれは改善しないだけでなく、メスを入れたことによる身体への侵襲を一生抱えて生きていかなくてはならない可能性があります。

たとえば、「足が痺れて歩きにくい」と言う患者さんがいて病院でレントゲンとMRIを撮ったとします。するとお医者さんは「飛び出た椎間板が神経を圧迫しています。椎間板ヘルニアですね。手術で取り除きましょう。」と手術をして無事に手術は終わりました。ですがその後、痺れが残っている、、、ということはよくある話で、医療現場で頻繁に見られるシチュエーションです。

そもそも椎間板(髄核)が飛び出た理由を突き止められなければ、再発の可能性は十分にあります。しっかりと治し、かつ再発させないようにするためには根本的な原因の究明は必須となります。

医学が発達したと言われるこの現代で、「手術をしたのに完治しない」「そもそも痛みの原因がわからない」その理由は

”人体構造の問題と、痛みの問題は別”だからです。

単純に、「人体構造(骨の形など)は本来こういうもの。その構造に沿わない異常な部分(変形など)があれば、それが不調の原因と考えられる。つまり、その異常さえ取り除けば問題は解決される」と言うのが整形外科領域における基本的な考え方なのです。

 

 

間違い③ 腰痛改善はもう、あきらめた

「腰痛で病院へ行き、処方された湿布や薬を使ったらマシになった!と思いきや、「また痛くなってきた…これはもう諦めてそのままにしておこう」

この流れに覚えのある方はかなり多いのではないでしょうか。こうした経験の積み重ねにより、いま、たくさんの腰痛患者の皆さんの間で、「腰痛は改善しないんだ」という思い込みが蔓延しています。

ですが本来、腰痛は原因さえわかれば改善が可能です

 

 

当院ではあなたの痛み、しびれの根本的な原因を究明し、その方にあった施術やセルフケアをお伝えしていきます。

腰痛を諦めている方ほど一度私にお身体を拝見させていただければと思います。

 

 

〜筋筋膜性腰痛について〜

 

腰痛を繰り返したり、なかなか腰痛が治らない方へ。

これまでたくさんの病院、整形外科、接骨院、整骨院、整体、治療院に通って、いろいろな本を読んだり、ネットで調べたり、なんとか痛みを改善できないか、必死に取り組まれてきたのではないかと思います。

たとえば、病院へ行って注射を打ったり、湿布や痛み止めをもらったり、整骨院でマッサージを受けてみたり、、、

しかし、それらの治療で本当に腰痛は改善されましたか?一時的には楽になってもまた痛みが戻ってしまったり、忘れた頃にまた痛みが出てしまう、そんな感じではないでしょうか。

 

なんでそこまで言えるのかというと、病院の先生に言われるまま、あるいはテレビや本やネットの勧められるまま、やみくもに治療に取り組んでいたのでは、腰痛は改善されない可能性が高いのです。

 

まず、腰痛には必ず原因があります。当たり前のことですが、あなたの腰痛が繰り返している、もしくは治らないのは、その”原因”をしっかり理解していないからだと断言できます。

もしも魔法のような治療法があっても、しっかり原因を見つけ出しその原因に適した治療法を行わないことには意味がありません。

多くの場合、腰痛で悩んだら病院や整形を受診されると思います。そこで「骨に異常はありませんね。」と診断を受けた場合、「とりあえず、湿布をだしますので安静にして様子を見ましょう。」という流れになるかと思います。しかしこの流れは、一見普通のようにも思えますが、じつは、あなたの”腰痛は病院では完治しない領域です”と言われたも同然です。

なぜなら、日本の整形外科で行われる腰痛診断というのは、「骨や神経に異常があるかどうか」をレントゲンやMRIで確認しています。

つまり、骨や神経以外に原因がある腰痛は治療の範囲外となってしまうことがほとんどなのです。

そして、実は「骨や神経に原因のある」”特異的腰痛”と診断されるのは腰痛に悩む方の全体のうち、たったの約15%です。残りの約85%は「原因の特定ができない腰痛」”非特異的腰痛”とされています。(原因は不明でも診断名がつく場合もあります)

その原因不明な腰痛の原因が筋膜のくっつきによるものや、仙腸関節の炎症によるものがほとんどです。

その筋膜のくっつきをほぐし、『筋膜の滑りをよくすること』が腰痛改善の鍵になります。

コレが出たらヤバい!〜ぎっくり腰の危険症状〜

厚木市で唯一の【腰痛専門】整体院カイル本厚木

・脊柱管狭窄症

・椎間板ヘルニア

・坐骨神経痛

・慢性腰痛

・ぎっくり腰

・すべり症

厚木市・海老名市・座間市・伊勢原市・平塚市お悩みの方はお気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰を定期的に起こしてしまう方は多いかと思います。
「またやっちゃたよー泣」
「まぁ安静にしていればすぐ良くなるでしょ」
と考えてしまいますよね。

しかし、ぎっくり腰の中にも実は注意しなければならない症状があります。

一般的にぎっくり腰は、筋肉や靭帯の損傷、椎間関節の捻挫をされていますが、
中には重篤になり得る症状が隠れている場合があります。

今回はぎっくり腰になってしまった時、こんな症状があったら気をつけましょう、
ということをお伝えします。

「英国急性腰痛管理クリニカルガイドライン」によると
ぎっくり腰は治療法を選択する上で4種類に分類します。

1.非特異的急性腰痛
2.神経根性疼痛
3.重篤な脊椎病変の可能性
4.馬尾症候群

一つずつ説明します。

1.非特異的急性腰痛
・20〜55歳で症状発現
・腰痛が腰部・臀部・大腿部に限局している
・姿勢や時間により、悪くなったり、良くなったりする
・健康状態は良い

6週間以内に90%が改善するとされ、特別な検査やレントゲンさえ必要ないとされています。
腰痛の85%がこちらの腰痛です。

2.神経根性疼痛
・腰そのものの痛みよりも片側の足への痛みが強い
・痛みは、足やつま先へ放散する(坐骨神経症状)
・しびれ感と感覚異常がある
・SLR(仰向けで足を持ち上げる検査)で足への放散痛が再現される
・局所における筋力低下、感覚、反射の異常を認める

6週間以内に50%が改善すると言われています。
症状が日時経過とともに軽くなりつつあるのであれば、専門医への紹介は発症から4週間以内は不要と考えられます。
しかし麻痺や筋力低下が進行性であれば、専門医にかかることをお勧めします。
足への放散痛は腰痛が長引く危険因子であるため、神経根性疼痛は治癒までに長期を要します。
忍耐強く施術を行う必要があります。
あてはまる疾患として腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などがあります。

3.重篤な脊椎病変の可能性を示すもの
・20歳未満または55歳以上を超えての発症
・安静時に強く痛む
・腰痛のみではなく、胸部などの無関係な部位にも症状が広がっている
・ガンやHIVの既往がある。ステロイドを使用していた
・健康状態が良くない。体重が減少している。
・広範囲な変形(腰が曲がっている、側弯、後弯)がある

この種の腰痛を出現させる疾患として、癌、脊椎腫瘍、脊椎の感染症(結核性脊椎炎、化膿性脊椎炎など)、骨粗鬆症、巨大腰椎椎間板ヘルニアなどがあります。
正確な診断をするために、精密検査の必要が出てくるかと思います。

4.馬尾症候群
・肛門がしまらない(括約筋障害)
・歩きにくい(歩行障害)
・肛門周囲の感覚がなくなっている(サドル型感覚消失)

腰痛以外にこれらの症状があれば、緊急に専門医を受診する必要があります。
回復不能な神経麻痺を残す可能性があるからです。

いかがでしょうか?
意外と恐ろしいですよね。

勘違いして頂きたくないのが、一つでも当てはまったらと言うわけではなく、
トータルで考える必要があるということですね。

ぎっくり腰のほとんどは自然に改善しますが、
中には恐ろしいものもあるということを知って頂けたらと思います!

腰痛でお悩みでしたら、当院までご連絡ください!
電話相談もできますよ!^ ^

あなたの腰痛が慢性になってしまっている理由。

厚木市で唯一の【腰痛専門】整体院カイル本厚木

・脊柱管狭窄症

・椎間板ヘルニア

・坐骨神経痛

・慢性腰痛

・ぎっくり腰

・すべり症

厚木市・海老名市・座間市・伊勢原市・平塚市お悩みの方はお気軽にご相談ください!

 

腰が痛いからひたすら腰を揉んでもらっていませんか?
腰が痛いから腰に電気を当てていませんか?
腰が痛いから痛み止めを飲み、腰に湿布を張っていませんか?

確かに、直後には腰痛が楽になります。
でも、その数時間後には腰痛は再び出現していることが殆どではないでしょうか?

腰が痛いからといっても、原因は腰にない事の方が多いです。
あなたの腰痛が今までに改善しなかったのには理由があります。

それは本当の原因をまだ見つけられていないからです。

街中には数多くの接骨院や治療院、整体院があります。
中には原因の追求を徹底している素晴らしい院もありますが、それはごくわずかです。

そのほとんどが、腰痛の原因を見つけられず、腰痛のメカニズムも不明のまま
「とりあえず痛い所に電気をかける」「とりあえず痛い所を揉む」
ということを普通におこなっているのが現状です。

混雑していてじっくりと時間が取れないのかもしれませんが、患者様は本当に腰痛に悩んでいます。
その悩みに対して、改善の手が無いのであれば、とりあえずの施術はせずに
はっきりと「分かりません」と伝えるべきです。

・・・・と、少し勝手なことを書いてしまいましたが、これは本当の私の想いです。
大切な時間とお金を使うのであれば、しっかりとして施術を受けるべきです。
その場しのぎの施術はやめましょう。

当院では完全予約の上で、マンツーマンにて徹底的に
あなたの腰痛の「本当の原因」を突き止めます。
それはあなたが考えもしない所に原因があるかもしれません。

原因を見つけ出すことが、初回のメインとなるので、
初回施術時は少し長めのお時間を頂いているのです。

ぜひあなたの腰痛のお悩みを聞かせてください!全力で受け止めます!
また何かご質問などがあれば、お気軽にお電話かメールかLINEを頂ければと思います^ ^

 

 

 

通常初回施術費10,000円のところ

初回限定特別価格1,980円(税込)

6月16日(日)まで6名様限定割引 → 残り1名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-9429-1168

【受付時間】9時~21時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。